FC2ブログ

廣岡音楽教室

ペース・メソッド 奈良研究会

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ学習はバランスが大切、それが良い演奏へ導きます。

昨日は先生方が勉強する奈良研究会でした。

今『音楽をはじめよう』という2冊目のテキストのカリキュラムを書いて先生が生徒になり
実践しています。

同じページを違う先生がしますと、それぞれ個性的な進め方でレッスンができています。
何度やっても同じことはなく、そのたびに新鮮な工夫などが披露され、「参考にしたい」と
思うこともたくさんあり、お互いに知識やスキルを吸収しあっています。

次はレベルⅣ、これも何度やっても新鮮で、例えばシューマンの「最初の悲しみ」で主たる
テキスト『ピアノレッスン』でまず分析をします。次に『音楽のべんきょう』でそれを発展
します。最初の悲しみをペース博士が驚くような変奏をしていますが、それについて原曲の
どこが違っているのか、調べます。何気内容ですが、かなり細かく注意を集中しなければ
発見できません。

次にそれをまた変奏するのです。その曲についてできる限りの探究を続け、作曲者の意とを
つかみ、良い演奏へと導く訓練をたゆまなく続けるのです。

一回のべんきょうはまだまだ続きますが、それはまた次に。

とにかく、幼少から音楽のからくりを丁寧に教えてくれるピアノ教室が身近にあれば教えて
頂きたいと思っています。

私の生徒は音楽の基を教えてもらえ、幸せだと自負しています。


廣岡音楽教室

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。