廣岡音楽教室

ペース・メソッド 奈良研究会

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノを始めたとき生徒の心に響く事からとりかかります。

ピアノレッスンの初めはすぐに音符を読むことから始めますね。
このペース・メソッドは幼い子どもが日常感じていることを大切にして
表現するようなレッスンを行っています。

たとえば、2冊目のテキストの最初は黒鍵の二つと三つを復習します。
その際、ただ弾かせるのではなく、先生は二つと三つにまつわるアクティビティを考えます。
*行進する:音楽は現代曲風の3和音の連続使用を弾く。
*歌う:ペンタトニックのメロディーにペンタトニックの伴奏をつける。
*アンサンブル:二つと三つを弾く子ども。
          ペンタトニックによる完全5度の和音で伴奏する子ども

このようにワンレッスンの中にさまざまな音楽要素が入っていて生徒たちは
今自分が何をしているかわかって行動している。

スパイラルラーニングといってこれが徐々に膨らんで上へと成長を重ねます。
続きはまた。

トピックス
小学4年のみの合唱祭
当教室の4年男児が伴奏をしたいと申し出、2、3人希望者がいたので1人ずつ課題曲を弾いた。
結果選ばれて当日は大奮闘。先生方に「学校のためによく頑張ってくれた」と感謝された由。

中学内部の合唱祭
2年生の女子2名がそれぞれクラスメートや先生に頼まれて伴奏者に。
結果、Aさんは3学年通してのベストピアニスト賞を授与
    Bさんは2年生全体でのベストピアニスト賞を授与

ペース・メソッドで日頃トータルな音楽教育を受けていると自然に音楽能力が付いてきます。
私たちはそれが当然だと思って日頃レッスンに臨んでいます。
生徒さんたちは自力で考え、音楽を楽しんでいますね。


廣岡音楽教室

只今、若干名ピアノレッスン生を募集しています。こちらからどうぞ。
お電話、Faxでのお問い合わせも受け付けております。
Tel&Fax:0745-57-21825
http://organspc.syuriken.jp/naraizumidai.html

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。